sign.png imgp5535.jpg img_2705.jpg img_2975.jpg dsc_4684_20200511095109199.jpg img_5140.jpg img_6854.jpg

設立

 本校は、昭和22年5月1日、旧川西村立川西中学校として設立開校した。
 昭和24年、現在地に校舎落成、別府中学校と統合、32年、市町村合併により帯広市立に変更、昭和54年、上帯広中学校を統合し56年、現在の校舎が新築落成した。
 平成29年に開校70周年を迎え、現在75年目を迎えている。




校区地域

 東は札内川、西は帯広川にかこまれ、平坦で肥沃な十勝平野のほぼ中心に位置し、JR帯広駅から12.2kmののどかな畑作地帯である。近年宅地造成が進み、農家戸数は半数弱である。
 隣接して帯広畜産大学、北海道帯広農業高校があり、広大な校地にはエゾリスが生息している。
 帯広市立豊成小学校の移転に伴う、通学区域特例A,B地区を有する。
 学校は、川西市街地の西端に位置し、ながいもで有名なJA川西、帯広市役所川西支所、川西保育所、川西小学校と隣接している。
 帯広広尾自動車道の川西インター入口まで約2kmであり、校区内に、JA川西別府事業所、カルビーポテト帯広工場、帯広市農業技術センターなどがある。

校章のデザイン

 外線は十勝をあらわす十で、三方から囲み、郷土の特産物であるビート糖の結晶、六角、その中に、左に川・右に西をアレンジしている。開校当時の生徒と先生の共同作品です。




帯広市立川西中学校 updated 2022-09-30


学校便りを更新しました。

行事写真のページを更新しました。

家庭で利用できる教材を更新しました。
 保護者の方へを更新しました。